ヘア-アイロンの使い方間違えてるかも!?教えてパパ合ってる?

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



80240_original

ヘアアイロンの使い方それであってる?

あなたのヘアアイロンの使い方間違えてるかも?正しい使い方を知ってストレートな髪にしましょう。

濡れた髪は×

ヘアアイロンは高温が出ますがあくまでそれでスタイリングを行うものです。ドライヤーとアイロンどっちも使うのは面倒だからアイロンだけでいいや、というのは絶対にダメです。髪が濡れているときはキューティクルが開いててとても無防備な状態です。そんなときにアイロンを使ってしまうと髪に物凄いダメージを与えてしまいます。また、髪が濡れている状態というのはクセがつきずらいのでスタイリングには無意味です。

長時間あてるのは×

髪のスタイリング効果は湿気などに弱く朝アイロンでスタイリングしていても夕方にはとれてしまうことがあります。長時間キープさせたいからといってアイロンを長時間あてるのはNGです。

長時間あてることによって髪の外側のキューティクルが剥がれてきて髪が痛んでしまい逆にすぐにスタイリング効果がきれるのが早くなってしまうかも。また、髪に熱をあてすぎると内部のタンパク質が固まってしまうことも。大きなダメージです。髪の毛は死滅細胞ですので一回死んでしまうともう元には戻らないので気を付けましょう。

夜寝る前につかうのは×

アイロンを使うと髪の毛にツヤがでていいですよね。それは、アイロンを使うことにより表面の細かいクセが真っ直ぐになるからです。ですが先ほど書いたように湿気や長時間たつと元のクセが出てきてしまいます。なのでなる前にアイロンを使って綺麗にしても寝癖や翌朝のシャワーによりその効果は消えてしまうことになってしまいます。

ツヤは残らず、残っていくの毎回のダメージばっかりです。そんなことを毎日のように続けていると、日々のダメージが積み重なって枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

同じ部分に何度もあてるのはダメ

髪の毛に摩擦が生じるとキューティクルが剥がれてしまいます。なので、何度も同じ部分にあてるのは絶対にNG。アイロンをかけるときは各部位に2,3秒でいいんです。

最後は冷風でやると〇

アイロンを使った最後はドライヤーの冷風にあてましょう。そうすることで髪にこもった熱を出すことができます。また、最後に冷風をあてるだけでキューティクルも引き締まりますし、サラサラ感が増します。

アイロン以外の方法で〇

毎日アイロンを使っているとキューティクルが剥がれ落ちだんだんとダメージがふえていき髪の毛がボロボロになってしまいます。でも毎日アイロンを使いたいというあなたは美容院でストレートパーマや縮毛矯正などしてみてはどうでしょうか?それくらい毎日のアイロンは髪にダメージを与えます。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。