正しいシャンプーのやり方でフケの原因を落としサラサラヘアーに

シャンプー・トリートメント・スタイリング剤・お悩み・疑問・裏技(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



20150220tamamura10

シャンプーのやり方が間違えているのでしょうか?

パパ~~教えて~~~
私は今高校生です。自分なりに調べたりしてシャンプーやったりしているんですが、最近髪がキシキシする感じがして本当にこのシャンプーのやり方であっているのか不安です。始めは髪を染めたりしているせいかなって思っていたんですが、日々キシキシ感が増しているように感じます。

使っているシャンプーのせいなのか、洗い方がダメなのか分からなくなってしまいました。そこでネットを見ていたらパパの存在を知り、思い切って相談してみようと思い投稿してみました。

ちなみに、普段どういう風にシャンプーしているのか簡単に説明します。


普段のやり方は始めに髪の毛をお湯でぬらします。
出来るだけしっかりめに流しています。
次にシャンプーを2、3プッシュして、手で泡立てしてから全体に馴染ませ地肌を揉むようにして洗います。
洗ったらシャワーでしっかり流してコンディショナーを毛先の方につけて少しおいてからしっかりめに流しています。

髪質は軟毛で真っすぐです。使っているシャンプーは市販のオーガニックシャンプーを使っています。何がいけないのか分からないので詳しく教えて下さい。お願いします。

目次
シャンプーの役割とは
オーガニックシャンプーについて
シャンプーの正しいやり方
正しいシャンプーには泡が必要
フケや痒みの原因は洗髪工程にもある
まとめ

シャンプーの役割とは

は~~~い、お答えしますね~~~。詳しく説明していただきありがとうございます。お悩み解決させていただきます。シャンプーのやり方自体はそんなに間違っていないですよ。僕なりのシャンプーのやり方も後程教えますね。まずはシャンプーをなぜしないといけないのか、そちらから説明していきます。

そもそもシャンプーは地肌を綺麗にする物なので、髪の毛を洗うというよりは地肌や毛穴に詰まっている汚れをとり除くための物なのです。健康的なしっかりした毛を育てるためには毛穴が詰まったままの状態ではダメなのです。

毛穴が詰まったままだと細い毛になったり、抜け毛の原因にもなります。そうならないためにも地肌を綺麗に保たなければいけないのです。そのためにシャンプーをし地肌の汚れをとっていかなければいけないのです。そうすることで健康的な髪をそだてるための環境を作ってくれるのです。

オーガニックシャンプーについて

次に使っているシャンプーについてお答えしますね。今オーガニックシャンプーをつかわれているとのことでしたが、そもそもオーガニックシャンプーとはどういうものなのか説明したいと思います。オーガニックといえば、無農薬や自然派、肌にやさしいというイメージを持たれている方がほとんどだと思われます。

images-50

オーガニック化粧品とは有機栽培で作った植物が原料となっているので安心で安全であるというイメージが大きいと思はれますが、オーガニック=有機化学、有機栽培となり、有機物(炭素、窒素、リン)を肥料として作物を栽培するという事を言います。そういった原料から作られた化粧品なのです。

ですので必ずしも肌に良いというわけではありません。どんな化粧品、ヘアケア用品でもアレルギーを起こす事があります。オーガニックシャンプーの主な効果としては、保湿市販の石油系シャンプーとは違い洗浄力が非常にマイルドなので洗い上がりは頭皮に必要な皮脂を少しだけ残してくれるので髪を洗った後も程よく保湿されていると思います。

髪の毛というよりも頭皮の乾燥や、フケ症、脂症の方にとても良いシャンプーであると言えるでしょう。決して今使っているシャンプーがだめであるというわけではないのでシャンプーを選ぶ時は自分にあったものが一番いいと思います。

シャンプーの正しいやり方

シャンプーの前にお湯で汚れを落とす

最初のお湯で流す作業もとても重要な事なのです。シャンプーをする前のこの作業を雑にしてはいけません。少し熱めのお湯でしっかりシャワーをあててください。濡らすだけという感覚ではなく流すという感覚でしっかり流す事を心がけてください。

髪の汚れはこの流すという作業で70%くらい落とす事が出来るのです。大体2~3分くらいしっかり流してください。この作業をやることで髪全体の汚れが落ちるのでシャンプー剤もあまり使わずに十分泡立ちすることができます。シャンプーも節約できます。

正しいシャンプーには泡が必要

しっかり流したらシャンプーに入っていくんですが、シャンプーにおいて、泡立ちは非常に重要な事になります。きめ細やかな泡が髪と髪を摩擦なく洗うために必要になってきます。泡が頭皮や髪の隙間に入ることで汚れを落としてくれるので髪に負担をかけずに洗うためにはきめ細かい泡立てが必要になってきます。

db12e287df0ac3ca69f1b839240fa9c8

洗う時もあまり爪を立てず指の腹で優しくマッサージをするようにしてあげるのがベストだとさくパパの経験上で思います。痒みがある方など爪を立ててゴシゴシ洗ってしまう方もいらしゃると思いますが、それをしてしまうと逆効果なのです。

爪を立てることで頭皮を傷つけ頭皮が乾燥して、フケがでたり痒みが増してしまう原因になってしまいます。ですので爪を立てずにマッサージする感覚で洗っていきましょう。ムースやスプレーなどの頭髪剤などを使用されている方は2度洗いしていただくのがいいでしょう。

1度目のシャンプーで頭髪剤の油を落として、2度目のシャンプーで汚れを落とすイメージです。

ワンポイントアドバイス
女性の方に多くみられるんですが、下を向いたままシャンプーされる方がいらしゃると思います。下を向いたままシャンプーしてしまうと逆毛になりやすいのです。キューティクルの損傷にもつながるので出来るだけ上を向いてシャンプーすることを心がけてください。

フケや痒みの原因は洗髪工程にもある

そして、シャンプーを流す工程に入っていくんですが、ここでもしっかり流す事が重要になってきます。この流す行為を疎かにしてしまうと、フケや痒みの原因になってしまうからです。フケや痒みの原因は石油系のシャンプー剤などで洗って残ったりしておきることがあるので最低でも、3分くらいは流すようにしましょう。

そしてリンス、コンディショナーなどに入っていくんですが頭皮に何かしらの効果がある物以外は出来るだけ頭皮には付けず毛先につけてください。 リンスやコンディショナーを頭皮につけることによってフケ、痒みの原因になります。とこのような感じでシャンプーをしていくと良いのではないでしょうか。

キシキシする髪にはトリートメントで栄養補給

最後にキシキシするのが気になるとおしゃっていたのでそちらについてもアドバイスさせていただきます。シャンプーによっては洗浄力が強く油分をとりすぎてしまいキシキシになってしまうものもあります。それが原因かもしれませんし、カラーなどもされているということだったのでダメージによるものかもしれません。

実際に髪の状態を見てみないとどちらが原因か分かりかねないのですが、普段コンディショナーを使われているみたいなので、この洗髪工程にプラス週に一回でも二週間に1回でも構わないのでトリートメントをされることで髪のキシキシがなくなっていきます。トリートメントはコンディショナーとは違い髪の毛の奥まで髪に必要な栄養分を補ってくれるからです。

niti-1a-5

まとめ

よくお客さもに説明するときに髪の毛を海苔巻きに例えて説明させていただくんですが、キューティクルを海苔の部分だと考えてください。そこがはがれることによって髪の毛に必要な油分だったりタンパク質が出てしまいます。

そうなるとツヤ感や手触りなども悪くなってしまいます。その栄養分を補ってくれるのがトリートメントなのです。トリートメントを使ってあげることにより栄養分が補われるので健康な毛に近ずけるはずです。手触りもよくなりキシキシがなくなりますので試してみてください。

使い方はトリートメントとコンディショナーの違いについて書いてる記事に載っていますので参考にしてみてください。

【トリートメントとコンディショナーの役割】セルフでも簡単使い分け

【トリートメントとコンディショナーの役割】セルフでも簡単使い分け


今回お悩み解決できましたか??また髪のお悩みありましたらいつでもパパを頼りにしてください。お悩みお待ちしております。それではパパでした~~~。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。