失敗しないセルフカットのやり方

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



b98144477161a41138cf37b1335991ec_s

セルフカットは美容院より良い!?

セルフカットは自分で髪の毛を切るので難しいというデメリットはありますが夜中でも自分の切りたい時間に髪の毛を切れるし自分の思い通りの髪の毛にすることができるというメリットがあります。

最初は難しいかもしれませんが慣れていけば簡単に自分で思い通りの髪の毛にできちゃいます。

準備するもの

・髪切りハサミ、すきバサミ
髪の毛を切るときはちゃんとしたハサミを使うようにしましょう。普通のハサミで髪の毛を切ってしまうと毛先がダメージを受けてしまう可能性があります。すきバサミは名前の通り髪の毛をすくためのハサミです。髪の毛の量を調節する際に大事になってきます。

・くし
807b6b2e357689b717fe1c6726f9c7ee_s
髪の毛が絡まっていたりするのをなくし髪の毛の流れを整えたり髪の毛の量を調節することで失敗の可能性を下げることができます。

・ゴム、ダッカール
これはブロッキングをするときに使います。ゴムは切らない髪の毛をまとめておくために、ダッカールは部分的にまとめたいときに使います。ダッカールは髪の毛をとめるピンの一種でくちばしのような形をしているものです。下の写真の水色のものがダッカール。
8e207e86e51469c19c1a204fb2e87680_s

・鏡
これは髪の毛を切るときなくてはいけませんね。ちゃんと切れているのか、また全体のバランスを見るために使います。

・霧吹き
髪のクセのついた部分はクセのついたまま切ってしまうと後で長さが変わってきてしまうのでクセのついてる部分だけ霧吹きで少し湿らすようにするといいです。

前髪のセルフカット

前髪でだいぶ印象は変わってくるもの。だからといってそんなに毎回美容院に行ってるとお金もかかる、という方はセルフカットをしましょう。後ろの髪の毛は難しそう…でも前髪だけなら簡単。

まずは前髪の切る範囲を決めます。前髪は頭のてっぺんからとって三角の形になるようにしていきます。取り分けた前髪以外はピンなどで留めておきましょう。髪の毛を切るときハサミは縦でいれていきます。基本的には横で切っていくことはありません。

また思っているのとは少し長めに切っていくのがポイントです。少し長めに切っておけば後でまた切れるので少し長めに切っていきましょう。

後ろの髪も自分で

まずは前髪を取り分けて結んでしまいます。邪魔になってしまうので。次に横の髪を左右一つずつにまとめます。また後ろの髪の毛も左右一つずつに結んでいきます。横の髪と後ろの髪の4つのゴムの位置を確認し平気だなと思ったらゴムのすぐ上を切ります。最後に少しずつバランスを整えていけば完成。
思ったよりも簡単、と思った方はやってみてください。できるようになったら美容院代はなくなりますよ。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。