リンスとトリートメント、コンディショナーの違い

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



422120416c783cfced0390a905035681_s

違いわかってますか?

リンスもトリートメントとコンディショナーも全部シャンプー後のヘアケアということに違いはありません。どう違うのでしょうか?

リンス

昔の人々はシャンプーがない時代には石鹸で髪の毛を洗っていました。石鹸はアルカリ性なのですが髪の毛はアルカリ性になってしまうとキューティクルが開いてしまいます。なのでそのキューティクルを閉じようとなってリンスが出来ました。

また昔のシャンプーも品質が悪く洗うと髪の毛がパサパサになってしまうためそれをリンスで抑えていたとされています。なのでリンスは外側からコーティングしてくれる役割があります。

トリートメント

トリートメントという意味はケアをするという意味になっています。治すや修復するといった意味ではありません。なので髪の毛を良くするようなイメージがありますけどそんなことはないんです。傷みにくいようにケアするためのものなのでこれ以上悪化させないようにするために使います。

そこで間違えてはいけないのは家のトリートメントと美容院にあるトリートメントは全く別物だと言うことです。美容院のトリートメントはカラーやパーマをする際に傷まないようにしてくれるようなものです。トリートメントは髪の内部からケアしてくれます。リンスは外側からでしたがトリートメントは内側からになっていて違う点です。

コンディショナー

シャンプー後のヘアケアはコンディショナーが多いのではないでしょうか。そんなコンディショナーのリンス、トリートメントとの違いはコンディショナーは髪の毛の内側と外側どっちもからケアしようというものなのですが実際はリンスとそんなに変わりません。

またコンディショナーはつけてから長く放置しても効果が上がるわけではありません。つけたらすぐに流して平気です。コンディショナーは髪の表面をコーティングしてくれます。それだけでなく髪の毛の内側からもケアしてくれます。

トリートメントは時間をおくと効果UP

1851843cec7555edbd080a9de6b91e96_s

先ほどコンディショナーは時間をおいても効果はあがらないと言いましたが時間をおいて効果があがるのはトリートメントです。トリートメントは内側まで浸透させることが目的なので5分くらい時間をおいてから洗い流すと効果的になります。

またこのときにお湯で濡らして絞ったタオルで髪の毛ごと頭を包み頭を蒸した状態にするとさらに効果があがります。

地肌につけない

リンスとトリートメント、コンディショナー全部に言えることですが地肌にはつけないよう注意しましょう。地肌についてしまうとフケやニキビの原因になってしまうことがあるので気を付けてください。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。