もしかしたら間違えているかも?正しいヘアブラシの選び方

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



ff367a0023314637728a591d7a453d29_s

それぞれブラシにあった髪質

・猪毛
弾力性があり太い毛が特徴の猪毛のブラシは髪の毛が多くても根元まで届くので髪の毛が多い人におすすめです。

また直毛、太い毛をしっかりとブラシで髪をとかした時のくし通りがとても良いです。しかも豚毛よりも油分を多く含むのであまり静電気が発生しません。静電気は枝毛のもとになるので静電気が発生しないということは枝毛も発生しなくなります。さらに髪をとかした時髪の表面が整うので髪にツヤがでてきます。

使っていくうちに毛が広がっていくのでどんどん使いやすくなっていきます。

・豚毛
豚毛の毛は柔らかいので髪も細く柔らかい人に向いています。

また髪も豚毛も同じタンパク質で出来ているのでとても相性が良いです。異なる性質をもつものでブラッシングをしてしまうと静電気が発生してしまう可能性がありますが豚毛は髪と同じ性質で出来ているので静電気も発生しません。

ですが天然素材を使う豚毛は少し値段が高くなってしまう場合もあります。品質のよいものを作ろうとすると値段も高くなってしまうのは仕方ないことです。

・軟豚毛
柔らかい白豚毛と黒豚毛が混ざった軟豚毛は豚毛より柔らかいです。柔らかめのブラシを好む人は豚毛よりこちらの方がおすすめです。

ブラッシングで注意したいこと

d806bc5d80c944c6e151f8d166cc0be3_s

間違ったブラッシングは髪を傷めてしまう原因になってしまいます。まず清潔なヘアブラシを使いましょう。定期的にブラシも掃除をしてあげないと汚れなどが髪についてフケの原因に。

次にブラシは自分にあったものを使いましょう。間違ったブラシは静電気などが発生してしまうかも。根元までブラッシングはダメ。毛先の方に塊があったりするのに根元からとかしてしまうと抜け毛の原因にも。ブラッシングは毛先の方から少しずつ。

正しいブラッシング方法

静電気はどんな髪でもダメージになってしまいます。なので髪をとかす前にクリームなどを塗っておくといいでしょう。

またブラシはできるだけ静電気の発生しないものを使うようにするといいです。髪の毛をとかすときは毛先の方から絡ませないように少しずつやっていきます。全部終わったら根元から毛先に向かってといていきましょう。

正しいブラッシングでいいことたくさん

f9cd82d50be41826b10482c399898d40_s

ブラッシングは髪の毛をさらさらにしてくれツヤもでてきます。それだけじゃないんです。実はとてもいいケアになります。

ブラッシングをすることによって髪についてるフケやホコリも落とすことができます。またブラッシングをすると頭皮に刺激が与えられ血行が良くなりよりよい髪になっていきます。毎日のブラッシングで髪を綺麗にしましょう。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。