さらさらの髪の秘訣はドライヤーにあり

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



62100266baf49aa870fca97e82df460c_s

さらさら髪の秘訣はドライヤーだった

風になびくさらさらの髪いいなぁ…と思ったことはありませんか?それの秘訣はドライヤーにあり。正しいドライヤーの使い方でさらさらの綺麗な髪になりましょう。

タオルドライ

お風呂を出た後に髪の毛をタオルでふくことですね。ドライヤーをする前にタオルドライをした方がいいのですがここで注意点があります。

・ごしごしふかない
早く乾かしたいからといってごしごしと強めにふいていませんか?これはダメです。お風呂を出たときの髪の毛はキューティクルが開いた状態なのでちょっとしたことでもダメージを受けてしまいます。

ごしごしふいていると摩擦がおきてしまいます。その摩擦は髪の毛へのダメージになるので注意。

・爪をたてない
タオルドライをしているときなんかふいた感じにならなくてつい爪を立てちゃうことありませんか?爪を立ててやるのは頭皮が傷ついちゃうのでやめましょう。

・長時間のタオルドライ
お風呂を出た後の髪の毛は濡れていてキューティクルが開いた状態です。その状態でタオルドライをしていたら摩擦なんかで髪の毛がボロボロになってしまいます。お風呂から出た後は素早くタオルドライをしてドライヤーにうつりましょう。

ドライヤー

女性なら誰しもが持っているドライヤー。意外と使い方間違えているかも。

9d3f38c956ef00f5b7791d02fb8edd37_s

・同じ場所にあてる
早く乾いてほしいからといって同じ場所にあてるのはダメです。1か所に集中してあてるとその部分は早く乾きますがその分ダメージがひどいです。頭皮が熱いと感じるくらいまでドライヤーあててませんか?

頭皮が熱いと感じるまであててしまうと髪の毛にも頭皮にも悪影響なのでやめましょう。

・タオルドライをしないでドライヤー
わざわざタオルドライをするのはめんどくさいからといってタオルドライをしないのはいけません。

タオルドライをしない分髪の毛が濡れているのでドライヤーを使う時間も長くなってしまいます。ドライヤーの熱は高温で髪の毛にダメージがいくのでなるべく早く終わらせるようにしましょう。

・からからに乾くまでドライヤー
ついクセでという人もいるのでは?これは長時間高温の熱を与えることになるので良くないです。ドライヤーのやりすぎは髪の毛が乾燥しパサパサになってしまいます。

ドライヤー選びで大切なこと

温度より風量が大事です。熱で乾かすというより風で乾かすというイメージです。低温タイプは髪へのダメージを減らしてくれますが風量が少なかったら乾かすのに時間がかかってしまいます。

実際に試してみるのが一番いいです。風量なんかは試してみないと分からないのでお店にいって試してみてください。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。