髪の静電気今すぐなんとかしたい。その原因と対策

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



6192af06ba96f6cf1c0652a4dd9858b2_s

いや~な静電気

冬になると嫌なのが髪の静電気。いくら綺麗にまとめてもすぐに髪はぼさぼさに。髪形がきちっと決まらなくてもう本当にいや。冬の髪の静電気どうにかして~~!

静電気が起こる原因

髪の静電気の原因はずばり「乾燥」です。乾燥していると静電気は溜まっていってしまいます。髪と髪が擦れてしまったり、髪とブラシが擦れてしまったりして静電気がどんどん溜まっていくのです。

季節はもちろんですがヘアケアをしている部屋も重要になってきます。ヘアケアをしている部屋も乾燥しているとより静電気が発生しやすくなってしまいます。静電気は乾燥しているところでとても発生しやすくなる性質を持っているからです。

逆に湿気のある部屋だったり髪が濡れていたりすると静電気は発生しないですよね。

場所も関係ある

部屋や季節などとは別に髪の毛の状態でも静電気が起こりやすくなってしまう場合があるんです。普段でも乾燥した髪だと思っていてもそれなりに水分は含んでいます。ですが冬になって乾燥してくると髪もダメージを受けてしまいます。

そんな時に髪が擦れてしまうと静電気の元となってしまうわけですね。それからさらに髪が傷んでくると水分のないパサパサの髪に。こうなってくるとまた静電気は発生しやすくなってしまうんです。

静電気を溜めない対策

原因はわかった。でもどう対策していいか分からない。原因は知ったうえで具体的になにをすればいいのかその対策方法を見ていきましょう。

部屋の加湿

もともと乾燥している冬ですがそれに暖房だったりヒーターだったりをつけるのでもっと乾燥してしまいます。乾燥は髪だけでなくお肌にも良くないので出来るだけ乾燥していない状態になるようにしましょう。

ただ湿度が高すぎてもダニやカビの原因になってしまいます。湿度の最適温度は40%~60%です。最適温度を目安にして部屋も乾燥しないように気を付けましょう。

ヘアケアをする

1851843cec7555edbd080a9de6b91e96_s
やっぱり静電気が発生してしまうということは自分の髪も傷んでいるということ。そういう時はトリートメントでヘアケアをしましょう。お風呂から上がったら優しくタオルドライをしてあげてそのあとトリートメントでヘアケアをしましょう。

トリートメントをつけてからドライヤーで乾かすとしっとりツヤのある髪になります。

ハンドクリーム

5f66f33b9abc0404a30194057740934e_s
しっかりとヘアケアして外出しても外出先で静電気が発生してしまうことはよくあります。こんな時はハンドクリームで。手にハンドクリームをしっかりつけてから髪を軽く撫でるだけ。外出先で「やばい、静電気が…」となってももう怖くない。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。