カサカサになってしまった唇はこれで解決

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



lips-651339_1920

リップクリームを塗る前に余分な皮をとる

剥けかかっている皮はとってしまいましょう。だからといって無理矢理とってしまうのはダメ。剥き方により唇の粘膜までとれてしまう場合があり唇を傷つけてしまいます。リップクリームを塗る前に余分な皮をとることによりリップクリームの浸透力が上がります。なのでリップクリームを塗る前には「余分な皮だけ」を丁寧にとっていきましょう。
1.お風呂や蒸しタオルで唇が柔らかくなるまで待つ
2.ワセリンをたっぷりと塗る
3.浮いてきた皮がしっとりとするまで待つ

これで「余分な皮だけ」をとることが出来ます。余分な皮がとれたらリップクリームでしっかりと保湿をしてあげましょう。

ラップで唇パックを

honey-1006972_1920

今すぐやって効果が一番あるのはこれ。ハチミツとワセリンで唇パックを。材料も少しで済むし今すぐできるし短時間で出来るのでオススメですよ。
1.蒸しタオルで唇を温める
2.ハチミツとワセリンを同じくらいの量を唇に塗る
3.ラップで覆い10~15分待つ
4.ラップを外しティッシュや蒸しタオルで優しく拭きとる
5.最後にワセリンで唇をコーティング

これだけです。ティッシュや蒸しタオルで拭きとる時は優しく拭きとってあげましょう。ゴシゴシしたら唇パックどころかもっと荒れてしまう原因になってしまいます。また待つのは10~15分です。長時間待っても効果は変わりません。翌朝のリップメイクはリップクリームやワセリンを塗ってから口紅を塗るようにしましょう。仕上げにグロスを塗ってあげると唇のカサカサは目立ちませんよ。

リップクリームは縦に塗る

リップクリーム横に塗っていませんか?実はこれ間違いなんです。唇のシワは縦方向になっているのでリップクリームも縦方向に塗ってあげることで摩擦も少なくなりますし奥まで浸透しやすくなります。またワセリンなどを塗る場合も手に取り縦方向に塗るようにしてあげましょう。また気温が低い時はリップクリーム自体が白く固まってしまうことも。唇に5秒ほど当てて温めたりまたポケットの中で温めるなどをして固まったまま塗らないようにしましょう。白く固まったまま塗ってしまうと何回も塗らなきゃいけなくなってしまいます。また固まってしまうとリップクリームは固くなってしまうので摩擦が起きやすくなってしまいます。

唇に強い刺激を与えない

chilli-1437775_1920
醤油や塩、唐辛子などは食事をおいしく味付けする際にとても役に立ちますが薄い粘膜の唇には刺激が強すぎるんです。なのでこういった刺激の強いものを食べる前はリップクリームを塗って刺激を少しでも与えないようにしましょう。また刺激の強い食べ物を唇に当てないようにすることも大事です。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。