【等身大の自分】 いられる場所・・・

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



8614066140_5e50feac73_b

美容師さんに恋しちゃいました。

 私(女性・30代・会社員・女性)が大学生の時に、ちょっと背伸びして青山の美容院を予約しました。

そこは、まるで別世界。雑誌などに度々登場するお店とあってとても賑わっていました。そこで、出会った美容師さんがめちゃくちゃかっこよかったんです。

 青山の美容院は、美容師さんもたくさんいて、シャンプーやドライの時には別の若い男性(見習いっぽい人)がやってくれてまるでホストクラブのようでした。

チヤホヤされるのは嫌な気分はしませんでしたが、どこかハイテンションなノリにちょっと自分も無理していました。しかし、カットをしてくれた店員さんは違いました。風貌もチャラチャラしておらず、他の人より格段に落ち着いていました。私には、その落ち着きがどこか心地よかったです。

 大学生になり、一生懸命貯めたお金でかなりガラリとイメチェンしようとしたのですが、その美容師さんが切っている最中に「そんなに無理しなくても大丈夫だよ。素の自分らしさを見せることも大切だよ」と教えてくれました。

結局ガラリとイメチェンではなく、その美容師さんの言うとおり少しだけイメチェンしました。

 なんだかその言葉が、とてもうれしかったです。話をしている時に
「○○さん(私)は、人の話を聞くのが上手だね」と言ってくれました。大学に入って、お調子ものキャラで来た私は、多少どこか無理をしていました。

それをまだ出会って数分しかたっていないのに、美容師さんに見抜かれた感じがしてうれしかったです。

あの人に会うために

 正直、美容院代は安くはなかったので、一生懸命バイトをしてお金を貯めて美容院に行きました。髪を切る目的というよりは、その美容師さんに会いたい一心でした。

大学での悩みなども親身に聞いてくれましたし、何より自分が背伸びせずにいられる空間でした。

 指輪もチェックしましたが、ペアリングも結婚指輪もしていなかったので、フリーなのかなと思いました。美容師さんも、私と話している時に良く笑ってくれたので、二人で会いたいとまで願うようになりました。

指輪で恋やぶれる

 そんなある日、夜大学の飲み会で帰りが遅くなった時に、その美容師さんを電車の中で見かけました。仕事帰りっぽかったので、ちょっと仲よくなれると思って、急いで声をかけようとしました。その時、美容師さんの左手の薬指に結婚指輪がしてありました。

 もう愕然と、その場に立ち尽くしてしまいました。声もかけられず、近くの駅で降りてしばらくホームにいたと思います。

 そこから美容院には行けず、しばらくが経ちました。するとその美容院から、キャンペーンの案内のハガキが入っていました。そこにその美容師さんから、
「自分にあまり無理をしないで、ありのままの自分でいてください」と一言添えてありました。

 セールストークかも知れませんが、やはり気にかけてくれたのが嬉しく涙が止まりませんでした。片思いがきれいな形で終われて、良かったです。

結局、その後一度もその美容院には行っていませんが、ちょっと背伸びをした自分に等身大の自分でいられる片思いでした。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。