【今までとは正反対の恋】 新しい恋のはじまりかた!

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



8346976431_2cd6f68896_b

都内の大学に通っている4年生の女です。私は大学近くの美容院のひとに恋をしました。その人は、私の8個年上の30歳です。

 今まで私が好きになった人、付き合った人は友達関係で仲がよくなり徐々に徐々に恋愛関係に発展するようなものでした。

タイプも一緒に楽しめる、本当に騒がしい輪の中心にいるようなタイプでした。8個も年上の人に恋をしましたが、今まで好きになった人も付き合ってきた人も皆同い年の人でした。

 もともと私は初回クーポンを利用するために固定した美容院には通っていませんでした。そんな中で大学の授業の空きコマの時にふらふらしている時に見つけた美容院に入りました。

ご察しいただけるように、そこで私は恋に落ちました・・・。以下、彼のことをFと呼びます。

私のタイプではないし!?まさかね!?

 予約なしだったのでダメもとだったんですが、ちょうど空きがあったということでカットカラーをお願いし、その担当の方がFさんでした。

見た目は24歳くらいのちょっと年上かな~?という印象で、比較的落ち着いているクールなビジュアルです。ぱっちり二重が好きな私ですが、Fさんはすっとした一重です。芸能人で例えるとスガマサキさんのようなつんっとした目です。

 この時点で私のタイプの人ではないと思っていたんですが、なにかきゅんっとときめくものが最初の時点でありました。

美容師さんとお話しをすることもとても好きな私ですが、Fさんはほとんど言葉なく黙々と勧めてくれていました。(接客としてそれがどうなのかは・・・笑)

 そのFさんのカットする姿をぼーっとみていて・・・・っていうまさに一目惚れでした。

最初のうちは全然今までのタイプと違うし、そんな会話もしていないんだし、一瞬しか一緒にいなかったし恋の訳ないと思っていました。

 実際にその時に会話した内容も、年齢と住んでいるところ程度でした。彼女がいるのか結婚しているのかもわかりません。淡々としていてクールなところ、大きな手などこんなにも感覚的に恋したのははじめてです。

小心者で勇気のない私

 それからまだ緊張してしまって、その美容院には行けていません。指名もしたことがないのでFさんを指名するのも無駄に意識してしまって恥ずかしくてなかなか勇気がでません。

そもそも、一目惚れで会話もそこまでしていないから、これは憧れの人として綺麗な恋物語として妄想しているほうが幸せなのかとも思ったり。

 でも本当にFさんのことが忘れられません。もっと会話をして仲良くなって、どんな人かを知ったほうがいいのか悩んでいます。この弱気で奥手すぎる私に勇気をほしいです・・・( ; ; )

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。