【あっ、それはダメだよ】 その産毛処理の仕方間違ってるよ!

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



2178cb7060d7c90951707be3a8a18183_s

その処理方法であってる?

産毛などの毛の処理方法って誰かに教えてもらえるわけでもなく産毛の処理方法って結構みんな独学ですよね。今さらそんなこと誰かに聞けないし。

だから間違えた処理方法の人結構多いんですよ。これを見れば大丈夫。もう間違った産毛の処理なんかしない。

NG処理方法

もしかしてお風呂で産毛処理してませんか?実はそれNGなんです。

誰もがやってしまいがちなお風呂での産毛処理。でもお風呂は家の中でもトップクラスの方で菌が多い場所なんです。なので毛抜きで抜いた場合その開いた毛穴から雑菌が侵入してしまったり、カミソリでやった場合少しの傷口などから雑菌が侵入してしまいます。

その雑菌で炎症を起こしてしまうことも多々。

お風呂でのNG

またお風呂で産毛処理をしてる人に多いのがボディーソープや石鹸をシェービングの代わりにしてる人、今すぐやめましょう。ボディーソープや石鹸には洗浄力を含みます。それで産毛処理をしてしまうと肌の水分を保つために必要な角質まで落としてしまいます。

これを続けていると炎症を起こしてしまったりより乾燥してしまったりということになります。

こんな時はNG

体調が良くないときに産毛処理を行うのもやめましょう。疲れているときや寝不足のときに産毛処理をすると肌のトラブルになりかねません。また生理前、生理中も肌が敏感になっているときなのでやめましょう。

ベストタイミングはお風呂上がり

一番良いタイミングがお風呂上がりです。お風呂上がりだと毛穴が開いていて肌へのダメージは最小限になっています。やっぱりキレイな肌になりたいですよね。そのためにはこの毛を。でも何回も剃るのは肌を傷めてしまう。

それならお風呂上がりに。毛穴が開いているのでたくさん剃れますしなによりダメージがいかないのがいいところ。

お風呂上がりでなくってもお風呂上がりと同じ効果になるのが蒸しタオル。毛穴は温めれば開くので蒸しタオルで毛穴を開いてから産毛処理を行いましょう。

アフターケアはしっかりと

丁寧にキレイに剃っても、どんなにダメージがいかないように剃っても多くても少なくてもダメージはいってしまいます。

毛穴を開いたままにしておくと汚れが詰まりニキビや炎症の原因に。化粧水で毛穴を閉じて保湿クリームなどで乾燥を防ぎましょう。

ちょっとめんどうかもしれませんがこのちょっとだけでツルツルでキレイなお肌になれますよ
sundress-336590_640

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。