【顔にできるイヤ~なあれ】シミの原因ってなに?

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



ac9d98555fdcc08cce8354e99808f5eb_s

【顔にできるイヤ~なあれ】シミの原因ってなに?

わたしは大学2年生の男性です。わたしは最近シミに悩んでいて前まではあまりなかったのに最近増えてきたんです。最近増えてきたということはなにかシミの原因になるようなことをしてしまっているということですよね。

なのでシミの原因についていろいろ教えて。さくパパ~~

は~い、さくパパです

シミって嫌ですよね~~…本当に。できたら治し方がわからないといったことにも。ですがシミに悩んでいる男性は最近増えているんです。

シミって老けて見えるので嫌です。女性は肌のスキンケアを行ったりするのでまだなりにくいですが男性はあまりそういったことをしないので女性に比べるとシミができやすいです。

では今回はシミのできる仕組みと原因についてご紹介。

シミのできる仕組み

そもそもシミとはメラニン色素が蓄積して色が濃くなってしまった部分のことです。メラニンは紫外線から体を守ってくれる働きをします。

普通メラニンはターンオーバーという新陳代謝の働きで1か月くらいで剝がれ落ち元の肌の色に戻りますが、その新陳代謝がうまくいかずシミになってしまうというわけです。

また新陳代謝がうまくいかないとシミだけでなくニキビや乾燥、くすみなどの原因になってしまうのでそこには注意。

原因は日焼けかも!?

日焼けが原因でシミができてしまうということはよく聞く話ではないでしょうか?シミの原因は大体この日焼け、いわゆる紫外線によるものです。

顔だけでなく腕や足、背中などの露出部に多く見られます。中年以降だとよりできやすくなってしまいます。

ニキビ

炎症がひどくニキビ跡となって残ってしまったものをそのまま放置してしまうと紫外線などでシミができどんどん濃くひどくなってしまいます。

ニキビの炎症が本当にひどく化膿してしまった場合は炎症が肌までいくので肌に凸凹ができてしまうことまであります。

ストレス

つよ~いストレスを受けてしまうとホルモンバランスの乱れ、メラニン色素の働きが過剰になってしまいシミになってしまうと言われています。

ストレスが溜まると体の中に体を錆びさせてしまう活性酸素を多くとりこんでしまうのでシミの他にも多くのことに影響が与えられてしまいます。

間違ったスキンケア

化粧水や乳液を肌に良いからといって余分なくらいに肌につけたりより肌に浸透させようとして強くこすったりしてしまう人がいますがこれはダメ行動。肌をこすってしまうと角質などが傷つき乾燥が進み乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌になってしまうとメラニン色素を溜めこみやすく蓄積しやすくなってしまいます。

489b44fa6fd27140d9ee78fa12d17d6a_s

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。