【キュンキュン】したあのイケメン美容師との思い出

あるある体験談記事(レディース・メンズ) 美容院・美容師お悩み・疑問・裏技(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



323f4cbf4889c9507653185b4302ddf5

私は高校生のとき、行きつけの美容室がありました。しかし、そこが高校卒業とともに閉店してしまい、仕方なく新しい美容室を探しました。見つけた新しい美容室は車で数十分の距離でしたが、おしゃれで、電話での予約対応も良かったのであとは腕が良ければそこを行きつけにしようと考えていました。

イケメン美容師さんとの出会い

予約をした日、その後の予定もあったので少しおしゃれな服を着ていきました。お店に入り、呼ばれるのを待っていると、「〇〇様、お待たせしました。」と爽やか系の黒髪のイケメンが私を呼びました。その時点で「やばい!イケメンだ!」とドキドキしていました。椅子に座ると、そのイケメンさんが「本日担当させていただく△△です。」と爽やかに挨拶してきました。私は緊張のあまり「お願いします」と素っ気ない返事をしてしまいました。内心「ごめんなさい~」と叫びつつ、イケメンさんにその日予約していたカラーをお願いしました。

会話でもキュンキュン

カラーの間、イケメンさんは私に気を遣いつつたくさん会話をしてくれました。イケメンさんが少し離れた場所の出身で、ここには引っ越してきたばかりでまだこの辺のことがわからないと言うので、私が冗談で「良かったらおススメスポット紹介しましょうか~」というと、イケメンさんも笑いながら「〇〇さんにおススメなら間違いないでしょうね」なんていうので、本当にドキドキしました。

カラーが終わったあと、お会計を済ましてお見送りしてもらうときにイケメンさんが「今日の服可愛いですね!この後デートですか?」と聞いてきたので「友達と遊ぶんです。」と返したら「そうなんですね!楽しんできてください。」と笑顔で手を振ってくれました。服が可愛いと言われたことにもキュンとしましたが、その笑顔がまた最高にかわいくて心の底からキュンキュンしてしまいました。

美容師さんは社交辞令??

その後、友人にそのことを話すと「美容師さんだから、誰にでもそんな感じじゃない?」と言われてしまいました。そのときは確かに、と思ってしまい、イケメンさんへの恋心は少しさめてしまいました。
その後も何度か同じ美容室に行きました。その美容室はそのつど担当が変わってしまうようで、なかなかイケメンさんに担当してもらえませんでした。

でも、やっぱり

イケメンさんに二度目の担当をしてもらったとき「なかなか担当できなくてすみません」と謝るイケメンさんに、また私はキュンとしてしまいました。が、このとき私は数日後に地元を出ることが決まっていたので、イケメンさんにそのことを伝えました。すると、イケメンさんは「寂しくなります。地元に帰ってきたときはまたここに来てくださいね。」と言ってくれました。

その後、私は地元を出て、その美容室に行くことはほとんどなくなりました。一度だけ機会があり行ったのですが、そのときにはもうイケメンさんはいませんでした。たまたまお休みだったのかもしれないし、お店をやめてしまったのかもしれません。他の店員さんに聞くこともしなかったので、結局のところどうなのかはわかりません。

私のいい思い出

今でも他の美容室にちょくちょく行きますが、美容師さんに恋をしてしまったのは今でもイケメンさんただひとりです。今はもう結婚してしまい美容師さんに恋をすることはなくなりましたが、イケメンさんへの恋は今でも良い思い出です。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。