好きになってしまった美容師にうまくリクエストできない私

あるある体験談記事(レディース・メンズ) 美容院・美容師お悩み・疑問・裏技(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



gf01a201503311200

恋してしまったみたい

私は美容師さんのことを好きになってしまいました。その人はお店の人などにカズさんと呼ばれていました。カズさんはもともと私の担当ではありませんでしたが、いつも私を担当してくれていた女性の美容師さんが産休に入ってしまったため、代わりに担当してくれることになりました。

私は美容師さんはいつも女性と決めていたので、男性の美容師さんがつくことは望んでいませんでした。耳の周りや首など、触られるとくすぐったいような場所を、見ず知らずの男性に触られることに抵抗があったからです。

カズさんが担当になると聞いたとき、できれば女性の美容師さんに変更してもらえないか、頼んでみました。ですが、ちょうど他の女性担当者が不在だったそうで、仕方なくカズさんに切ってもらうことになりました。

カズさんは私が雑誌ばかりみているので、髪型の希望など必要最低限のこと以外は話しかけてきませんでした。カズさん自身もおそらく寡黙なタイプのようでした。黙々と淡々と髪を切ってくれ、その手際の良さに圧倒されました。

これまで私を担当してくれていた女性の美容師さんよりも圧倒的に早く仕上げてくれました。しかもカットも希望通り。いや、伝えたイメージよりもずっと私に似合う感じに仕上げてくれました。切り終わったとき、これが自分かと見まごうほどにイメチェンされていました。

びっくりしていると、さっさとケープを取ったり髪を払ってくれたり、これまた手際よく黙々とカット後の片付けを終えていました。職人気質なのでしょうか、本当にあまり多くを語りません。私は可愛くしてもらったお礼を言いたかったのですが、なんだか急に意識し始めてしまって、あえてぶっきら棒な態度をとってしまいました。カズさんには、私が髪型が気に入らないように思われてしまったかもしれません。すごく後悔しています。

それから、しばらくカズさんのことが気になっていました。気づけばいつもカズさんのことを考えていました。そして、普段は3ヶ月に一度しか美容院に行かないのですが、カズさんに会いたさに、また2ヶ月も経っていないのに予約をしてしまいました。

2回目に会ったカズさんは前よりもさらに無口な感じでしたが、すごくカッコよく見えました。もう完全に恋です。鏡ごしに目が合うのも恥ずかしくて、恥ずかしくて。上手に髪型をリクエストできませんでした。雑誌に載っていた髪型を指差し、こんな感じと、これまたぶっきら棒にリクエストをしてしまいました。

そろそろ髪が伸びたので、また切りに行きたいのですが、もう恥ずかしくて行けそうにありません。美容院変えるしかないかな、と思っています。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。