昇級テストのためにカットモデルを引き受けたのですが、、、

あるある体験談記事(レディース・メンズ) カット・ヘアースタイルお悩み・疑問・裏技(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



background5

10年ほど前の話です。私は現在結婚をして二人の子供もいますが、当時はまだ独身で朝から晩まで働いて、それなりに収入もあったのでおしゃれにも気を遣っていました。ある時、職場で同僚が「節約の為にカットモデルをしているんだけど、もっと探しているみたいだからカットモデルを一緒にやらない?」と誘ってきました。

とても信用している同僚だったし、彼女は会社には内緒でモデル事務所にも所属しているとても綺麗な人だったので二つ返事ですぐに紹介してもらいました。初めはヘアサロンの場所の案内やスタイリストさんの紹介のため、同僚も一緒に原宿のお店まで付いてきてもらいました。スタイリストさんは当時25歳くらいの女性で、気取らない感じのとても優しい人でした。

同僚とも長い付き合いだったようで、とても仲良く、私のことも事前に紹介されていたので、すぐに仲良くなれました。一ヶ月に一度、こちらから連絡をして都合の良い日を決め、お店の営業時間が終わる頃に最寄りで時間を潰し、完全にお客さんがいなくなったらお店へ入り、練習台になるという具合でした。

そんな感じで一年半くらいたった頃、スタイリストさんの社内での昇級テストのため、モデルとしてテストに参加して欲しいとお願いされました。いつも材料費だけで毎回可愛く仕上げてくれていた彼女に、お礼の気持ちも込めて快く引き受けました。テスト当日はピンクっぽいふんわりした服をきてくるようにと言われ、指定の時間にサロンへ行きました

すると店内には、ヘアサロンのオーナーをはじめ、店長やいつも指名をされてるトップスタイリストや、なんだか偉そうな人や、先の尖った靴をはいてそうな男性とか、ツーンとした綺麗さがありながら確実にお局系のできる女風の人とか、彼女の上司達がズラーっと並んでいて狭苦しい異様な雰囲気でした。

昇級テストを受けるスタイリストはもう一人いて、ひょろっとした体型で、顔に似合わないハード系の格好をした若い男性でした。テストが始まると、ボードを抱えてメモをとる人たちが見守る中、スタイリストさんは小声で「切りすぎてたら言ってね。」と言ってきたので、緊張して力を発揮できないのは可愛そうだと思い、「思ったように、好きにしていいよ。」と伝えました。

すると彼女は、背中の真ん中くらいまで伸ばしていた髪をいきなり肩の上まで切りました。
「え?ん?」と思っているうちに、更に髪は短く切られボブというより、長めのショート。着てきたピンクの服に合わせ、髪もふんわりと仕上げ、発表の時彼女は堂々と「春をイメージしました。」と言いました。

その日は私の胸中同様、木枯らしの吹く晩秋でした。思いの外、評価は高く、偉そうな男の人は「モデルの子らしい」と言っていました。「私の何を知っているんだ?」とも思いましたが、彼女はテストにも合格したらしく、テスト終わりのシャンプー台では「ごめんね。短くしすぎたよね。」と謝ってくれました。ちなみに隣でテストを受けていた男性スタイリストは、モデルの女の子を”パンクのライブ帰り”みたいにしていて、「昼と夜を表現しました。」と発表し、「よくわからない。」と言われてうなだれていまいした。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。