【激安カット店】カットしてもらったらなんだか変。手間がかかるワックスでスタイリング

高齢者ヘアースタイル・お悩み・疑問・裏技(男・女)

スポンサーリンク



man applying gel to hair in bathroom

man applying gel to hair in bathroom

こんにちは。私は50代の男性です。先日髪が伸びたのでカットをしようと駅前の激安カット店に伺いました。店内は夕方ということで仕事帰りのサラリーマンが多く多少待ち時間はあったものの私の番になりカットをされました。

要望を簡単に伝え、カットが始まったのですが仕上がりの時点ではさほど気にはしていなかったが帰ってお風呂から上がり軽くドライヤーでセットをしてみようと思いやってみたのですがなかなか思うようにセットができずワックスも使い試してみてもダメです。

カット終了時に何か違和感がありましたが疲れていたせいか早く帰りたかったので気に留めていませんでした。この場合手直しというのはやってくださるのでしょうか?またこれ以上は短くはしたくないのでワックスなどでどうにかなればいいのですが、なんせこういう事には疎い方なのでよくわかりません。

単に私のセットの仕方が悪いのかとも考えました。みなさんはいつもどのようにセットされているのでしょうか?この年になると周りに聞こうともなかなか恥ずかしいもので困っています。どうかいいアドバイスがあればよろしくお願いいたします。

は~~~い さくパパです。激安カットというのは1000円カットのような店舗でのカットですよね?確かに10分でカットや安くて早くて手軽に行けるところがうけている点だと思います。私も若いとき、研修のために10分1000円のカット専門店で1か月の研修があり毎日カットだけをするといった経験があります。私が行った研修のところは美容師さん上がりの方が多くカットの技術も高い人たちが集まっているところでした。

目次
激安カット店って??
セットの仕方
ワックスの付け方
まとめ

激安カット店って??

やっぱりお客様の層的には高い年齢に方が多かったように思います。また10分でカットするのではなくどのようにしたいのかのカウンセリングからカット後の掃除機みたいな髪の毛を吸い取るのが終わるまでの時間が10分ですのでカットは実質6~7分です。技術もスピードも当時はアシスタントだったのですごいなと思ったのを思い出します。

しかし話を聞くとやっぱりそういう人たちだけが集まっているとは限らないという事でしたが今はどうか分かりません。しかしカットに関しても妥協はしていないと私は思うので、切ってもらい違うなと思ったら切り直しはしてくれると思いますよ。

カットにしろ他の技術にしろ熱意のある人はお直しに対しても誠意をもって対応してくれると思います。真摯に受け止め自分の技術の勉強をさせてもらったと感謝して対応するべきなんだと私はそう思います。またそれが出来なければ自分の技術に過信してしまっていると思うので出来るだけ避けた方がいいと思います。

セットの仕方

セットはやはり髪の毛が多いと動かすのは難しいと思います。セットの仕上がりにもよりますが動きが欲しい・そのスタイルをキープしたいのであればもう一度カットの手直しをしに行くのをお勧めします。切った段階で重たければ1か月・2か月後にはさらに重たくなりワックスではどうしようもなくなるからです。

しっかりと余計な髪の量を取ることにより動きが出る、スタイルの長持ち、お家でのセットの再現性が良くなると思いますので、気が引ける思いでしょうが手直しをお願いしてみてください。

さて、セットに関してですが皆さんドライヤーは使いますか??メンズのショートの方でしたらあまりドライヤーを使うという方は少ないのでは?と思います。それが一番重要なのはドライヤーなんです。このドライヤーでのブローでスタイリングが8割決まると言っても過言ではありません。後の2割はワックスやスプレーで足すだけ。しっかりとブローをすることによりいいポイントが、

ブローである程度形を整えられればワックスでのセットがしやすくなる。
ブローをするしないではキープ力も断然違ってくる。

というようにブローの力は絶大に大きいのです。もっと細かく言うと根元から乾かしていきトップの毛は立たせるようにして乾かす。そうすることで髪の毛の間に空間ができワックスが細かい所まで均等についてくれる。と同時にボリュームが気になるところはてぐしで抑えながら乾かす。そうすることで立たせたいところ・押さえたい所で立体感が生まれ綺麗なシルエットにしやすくなります。

また、ここでプラスワンのテクニックをお教えします。ブローでは温風で乾かしますよね?ある程度自分が思い描くスタイルに乾かせたら風を温風から冷風に変えて全体を冷ますのです。髪の毛は冷ますと固まるといった性質がありますのでキープしたい方はぜひやってみてください。

ワックスの付け方

続いてはワックスの付け方についてご説明いたします。ワックスというものはいろんな種類のものがありますよね?柔らかい物から硬い物、セット力が弱い物から強い物といった自分に合ったワックスを選ぶのも重要なポイントです。
また、ワックスのほかにジェルやポマード、グリース、スプレーといったものもありますので用途に合わせて使い分けしてください。

bea237ea7c837ffec3c300a388be2cde

皆さんはワックスをどのようにつけていますか?大半の方が自己流ではないでしょうか?軽さを出したいのにすぐにペタンとしてしまう、束感が上手く作れない、前髪がベタッとなってしまう等、コツさえ押さえればぐっと簡単にスタイリングが決まります。

まずはワックスをつける順番です。ワックスを手に取り手のひら・指の間までしっかりと伸ばします。この時のワックスの量は少量ずつ使うのがポイントです。

【バック→トップ→サイド→前髪】の順番といったように基本の順番はこれです。

最初につける部分というのはワックスが一番つくところでもありますのでバックから順につけていきます。つけるときは全体にまんべんなく揉みこむようにしてつけましょう。トップはあまり重点的につけてしまうとその重みでペタンとなりやすくなりますので注意です。

前髪に関しては手に余ったワックスで整える程度の数量でスタイリングを行います。つげ過ぎると変に束になってしまったりベタッとあぶらっぽくなってしまったり、再度セットを手直しする際にやりにくくなるといった障害が出てきますので注意してください。

また、ベリーショートといった特に短い髪の毛の方は前髪をあげたりしていますよね?その際はジェルなどで前髪もガッチリつけてもOK。ジェルに関しては固まる特徴があるのでしっかりスタイリングをすれば1日キープ出来ちゃいます。固まる前にスタイリングは終わらせましょう。

もう一つポイントを紹介するとジェルとワックスを混ぜて使ったりハードワックスに水をプラスするといった混合ワックスです。操作がしやすくなったりワックスにないツヤ感を出したいときなど混ぜて使う事も出来ることを知っていてください。いろんな組み合わせができるので是非試してみてください。

e4acd6b9ab1b947475f6679940e68fa7

パーマスタイルにはムースといったウェットに仕上げる場合、ドライに仕上げる場合といったパターンもあります。ムースでのセットはカールを引き立ててくれますがセット力に欠けます。そんな時は少量のワックスを混ぜてあげるとセット力が上がったりしますよ。

まとめ

このようにいろいろセットの仕方はありますが、しかしそれはカットがすべてを左右させてしまう事を覚えておきましょう。いいスタイルはいいカットから。もしやりにくい・もっと切ってほしい・手直ししてほしいなど少しでも感じたら担当の美容師さんに遠慮をせずに言いましょう。ということで私はこれにて。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。