カットをしに美容室へ!!お任せって困るのかな??

知って得するヘアースタイルの用語

スポンサーリンク



images-53

こんにちは。私は社会人になって1年が過ぎました。仕事は外回りの営業が多くそれまで特に髪型なんて興味がなかったのですがやはり営業という事もあり外見を気にしなければなと思いました。

そこで美容室に行こうと思っているのですが、恥ずかしながらこれまで美容室に行ったことがありません。いつもは自分でバリカンを使い坊主にしたり、1000円カットの所で適当に短く切っていました。そんな時、同期の同僚から『髪型変えた方がいいんじゃない?』といわれ今回だいぶ伸びてきたので美容室デビューすることにしました。

そこで質問ですが、特に髪型にはこだわりはないので『お任せで』って言われたら美容師さんはやっぱり困るんですかね??髪型とか美容用語とかまったくもって知らないですし、こういう髪型にしたいという希望もないのでゆだねたいと思っています。後、予約の際でもお任せでしたい事を伝えた方がいいのでしょうか?お返事いただけると幸いです。

目次
お任せでもOK
時代
予約に関して
営業マンに人気の髪型
まとめ

お任せでもOK

こんにちは。お答えしましょう。ズバリ結論から言って『OKです』。ですが内面的に困ってしまう美容師の方もいるかもしれませんがそんな表情は出さないと思います。というか出してしまう美容師はどうかと思いますが。

私の経験上そういったオーダーをそる方に何人も出会ったことがあります。今でも長年来てくれている方でもいつもお任せでのカットを希望する方もいらっしゃいます。こういったお客様に出会うと私は燃えてきますね。(笑)

しかし、やっぱりカウンセリングはしっかりとします。オーダーはお任せでもそのお客様がどんなお仕事をしていて、生活の中で困っていることは無いか(髪の毛に関して)、スタイリングはするのか、今後先の予定、カットをする頻度等髪の毛のこと以外でもその人の背景を思い浮かべて最善のカットを施術するように心がけています。

営業をする方でロンゲの人はあまり想像できないですよね?やっぱり好印象でお顔がハッキリと見える方がいいとおもいませんか?このように仕事の内容でもOK・NG的な事もあると思います。そこをしっかりとカウンセリングで聞き出してカットに入ります。カットに入る前にも人それぞれ顔の形、頭の形、生え癖、髪質というのは違いますからしっかりとマッチするようにしています。

images-52

こうした事を踏まえて提案する。ここが私の燃えるポイントの一つです。カウンセリングでお伺いしたこと、お客様の特徴に合わせた髪型を導き出してそこにちょっとしたスパイスを加えるんです。ここでいうスパイスというのが遊びを取り入れる(決してお客様の髪型で損出るという意味ではありません)。

ここでいう遊びというのはきっちりかっちりしていても、そのスタイルはいいかもしれません。ですがポイントとして前髪に少し遊びを入れたり、分け目を変えてみたりといったようなことをプラスすることでお客様がお家で帰ったときに『あっ 美容室でこういってたな』と髪型を意識してセットしてくれると思うんです。

髪の毛に関心がない方でもこうやって髪の毛に興味を持ってもらう。自分の髪の毛を理解してもらう事を大事にしています。こんな事を言っていますが、これを見ていてめんどくさいと思った方でもたいていの人はこの遊びを意識してくれます。髪の毛に少しでも興味を持ってくれます。また来店してくれた時に『前回の髪型良かったよ』とか『ここもう少しこうしてくれない?』とかの反応がとてもうれしく感じます。

ただの自己満かもしれませんが、少しでも髪の毛に興味を持っていただければなと思っています。ですので『お任せで』という方でも美容師は大歓迎という事です。カリスマ時代というのはしっていますか??

時代

10年以上前に美容師のカリスマ時代というのがありました。そこでいうカリスマ美容師さんはすごい人気で1日何十人という指名のお客様が来店するほど大忙し。この方に切ってもらえるなら何でもいい。というほどのカリスマ性で人々を魅了していた時代がありました。私はその時代が終わってから美容師になったんですが私も憧れの美容師さんにお任せで切っていただいた経験があります。

その人の作る作品、技術、ファッションすべてがかっこよく見えてこの人に任せれば大丈夫だと思わせるってホント凄い事だなと思います。現在でもその方々は活躍していますし、美容師のコンテストの審査員とかにも参加するほど、もうレジェンド感がハンパないです。そういう時代もあったんですよ。(笑)

そこで、気にいった髪型にしてもらえれば2回目・3回目と回を重ねるごとにお客様の事をより理解してくれると思いますし、安心的な気持ちの部分も満たされるのかなと思います。

予約に関して

ck0i9a9034_tp_v1

予約に関してですが、特にその時に要望などは言う必要はありません。何をするかのメニューは言わなければいけませんが。衝動的に美容室に来られる方もいらっしゃいますし、気軽に予約はしていただいて構いませんよ。私もそうでしたが、最初に美容室に予約の電話はドキドキして緊張した覚えがあります。

私の初めての美容室は中学1年の時で、それまで親父と一緒に理容室に行っていました。理容室では毎回親父の注文でなされるままにスポーツ刈りにされるのがいやで美容室に行こうと決心しました。懐かしいです。皆さんもありますか?電話で予約するのドキドキしませんでした?(笑)

営業マンに人気の髪型

ではここからは営業マンに人気な髪型はどんなスタイルがあるのかご紹介していきますね。何といっても営業マンは『第一印象』がとても大事だとされています。私たち美容師や接客業で働く方もそうでしょう。第一印象というのは3秒で決まると私たちが美容師になってよく教えられました。人それぞれ価値観は違えど印象は相手が決めるものだともよく教えられました。

3秒なんて会って挨拶をするぐらいでしょうか。その間に相手はあなたの印象を勝手に決めてしまうのです。そこで決める要素として視覚、次に聴覚、続いて言語だそうです。3つの割合はこう。視覚→55% 聴覚→38% 言語→7%だそうです。そう、要は見た目で印象の半分は決まってしまうのです。

これが分かっていれば簡単。見た目を変えればいいのです。その中で簡単に変えられるのがヘアースタイルです。好印象は作れるのです。ではどういうものが印象がいいのでしょうか。
mig-2
・ショートスタイル→もうこれは言わなくても鉄板ですよね。今ではツーブロックと組み合わせたスタイルが人気のようです。
c7e1aca8c4d64864dd29ad646b5738fe
・ミディアムスタイル→長さはミディアムだが耳は出す、前髪はあげるといたように出すとこはちゃんと出すスタイルが多いようです。

しっかりと顔を出すことであなたの表情が伝わり好印象につながるんですね。また第一印象は1回きりです。やり直すことはできません。その後の相手からの接し方も変わると言います。どうせならいい方がいいですよね。悪くても跡で取り返せばいいという考えはやめましょう。とっても大変です。

まとめ

ここまでが私がご紹介できることになりますがいかがでしたでしょうか?気軽に美容室のドアを叩いてみてください。そこにはお任せでも力になってくれる美容師がたくさんいると思います。また、お任せで燃える美容師もいることを覚えていてください。(笑) それでは私はこれにて。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。