【カットあるある】イメージは前髪作らないボブ。イメージ通りにならない理由は?

あるある体験談記事(レディース・メンズ)

スポンサーリンク



イメージの画像写真も用意したし、美容師さんもベテランそうだし

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-20-22-47

 私は40代主婦です。髪のメンテナンスはあまりできず、家庭で流さないタイプのトリートメントをしたりは、していましたが、美容院に行って本格的なケアなどはしていませんでした。時間も費用も、収入のない主婦には、とても贅沢なものなのです。

 しかし伸びた髪やカラーはいつまでも放置するわけにはいかず、半年に一回ぐらい、何か行事ごとのあるタイミングで美容室に行っていました。そう、あの日もそうでした。子どもの授業参観が翌日にあるため、某ショッピングセンター内にある美容室を初めて予約して行くことにしました。

 イメージをうまく伝えることが苦手な私は、前にテレビでそういう時には写真を持っていく方が良いと言っていたのを思い出し、ネットで検索した画像を見てもらうことにしました。

 前髪を作らず、肩より短めのボブ。分け目を変えればイメージが変わり、耳にかければ今流行りなイメージ。うん、これだと思い美容師の方に見せました。

 その方は、その美容室の中では年配のチーフらしき人。テキパキと動き、周りのスタッフに指示しています。正直私はラッキーだと思いました。若いスタッフは経験も浅く仕上がりに不安を感じるからです。

 早速、シャンプーから始まり、気持ちの良いマッサージまであり、トークも絶えることなくおもしろく、絶対にこれからも利用しようと思うぐらいでした。さあ、いよいよカットです。ベテランらしく軽快なはさみさばき。

会話も手さばきもスムーズだから安心!あれっっっっ!?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-20-23-08

長さを聞かれ
私「肩に付くか付かないかぐらいでお願いします。」

美容師「1番はねやすい長さだからもう少し短めの方が良いですよ。」

私「はい。」前髪についても聞かれ、

私「前髪は作らない感じでお願いします。」

美容師「今は短い前髪も流行ってるし、作らないと言ってもサイドよりは短めだし、この画像のような感じは難しいですよ。どうしますか?」

 迷った結果、その美容師さんが持ってきてくれた雑誌の感じでお願いしました。私が思っていたよりは可愛くキュートな髪型です。テキパキとしていただき、どんどん短くなっていきます。あれ?短くない?と感じつつも、何も言えない私。

 そうこうするうちに出来上がりました。鏡を見た瞬間、明らかにイメージとは違う違和感がありました。ありがとうございますと言いながら店を出てすぐに、化粧室に直行しました。感想を言うなら、おそ松さんと、ラッセンが好き〜の永野さんを足して2で割っ足して感じです。伝わりますでしょうか。

 そして、ショッピングセンターをぶらついていたら、同じように髪を触りながら、私のような髪型の人を2人ほど、見かけました。その人たちが、果たして同じように美容室を後にしたかは、わかる術ももなく。

 言えることは、やはり美容師の方に気を使いすぎず、自分のイメージを伝えなきゃいけないですね。後悔先に立たずです。今は良い思い出です。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。