【人見知りな私】予約や髪型をオーダーするための専門用語を覚えれば解決できる!?

知って得するヘアースタイルの用語

スポンサーリンク



%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-14

さくパパーーこんにちは。私は今年引っ越しをします。そこで一番の悩みがあるんです。それは人見知りがゆえに美容室になかなか入れないのです。極度と言っていいような人見知りでして、入るのにもかなりの勇気がいるんです。

しまいには入ったのはいいものの『いらっしゃいませ。ご予約はされていますか?』の店員さんの問いかけに固まってしまう始末。なかなか答えない僕に対し店員さんもあたふたする結果に。こんな自分は嫌だと思ってもなかなか変えれないのが現実です。

そこで、カットなど美容室に予約をする際のシステムが分からないのでその解決方法とカウンセリングでのオーダーする際に専門用語があれば簡単に伝わってコミュニケ―ションもそこまで取らなくて済むのではと思うので、そういった専門用語が知りたいです。

要望としては髪の毛をすいて普通のカットでいいが新しい髪型にも挑戦してみたい願望もあります。こんな悩んでいる僕に何かアドバイスがあればよろしくお願いします。

目次
誰もが体験する初めての美容室
予約に関して
プラスに考えてみて
専門用語に関して
カウンセリングは重要
まとめ

誰もが体験する初めての美容室

933ce459fb4bf71652ec80399af0cfd3

こんにちは。さくパパです。その気持ち分かりますよ。私も若いころの美容室に予約したり、行ったりするときは相当緊張したし、上手く髪型を伝えられず希望のカットになんなくて後悔したこともあります。ですがいつの間にか緊張などはなくなりました。(人見知りだったのかもあいまいですが) やっぱりこういった接客業の仕事に就き人とのかかわりが多くなったおかげでしょうか。

予約に関して

ですが予約に関してはどこの美容室でもそんなにかしこまらなくてもいいと思いますよ。予約をしていなくても外観や店の雰囲気が気に入れば全然入っていただいて大丈夫です。その際『初めてですが』『今、空いていますか?』でOK。予約していないことはこの言葉だけで伝わりますし受付の方も空いていなければ次のアクションをしてくれると思います。

しかし注意してほしいのが完全予約制で予約をっとっているサロンです。予約をしないといけない所は予約をしましょう。店にいってもよし、電話で予約するのも良しです。大体の店舗は完全予約制のお店だということが分かるように分かりやすい所に書いてあったり、パンフレットやネットでも分かりやすく書いてありますので確認をしましょう。

プラスに考えてみて

私の地元にはこんな美容室もありました。完全予約制でいちげんさんお断りというサロン。紹介でのみ入店が許されるというサロンです。今でもあるのかは不明ですが京都の芸者遊びみたいですね。それだけ技術もあり自信があるからこそなんでしょうね。詳しくはいってないので分かりませんが。

といったように予約体制が違ったところも存在します。ですがほとんどがウェルカムなところが多いので心配しなくても大丈夫です。引っ越しで初めての土地での生活はとても不安があると思いますがその気持ちをプラスに考えてみてはいかがかなと思います。

街の探索に出かけてみてこんなお店があるんだとか、休みの日に遊べるところなんかを探してみるのも楽しいもんですよ。私は鹿児島出身で専門学校は福岡だったので引っ越し、就職は関東へ引っ越しと2回ほど土地を変えています。新しい土地では私もそのように探索探検をしていました。参考までに。

専門用語に関して

続いて、専門用語を使えればカウンセリングやオーダー時にコミュニケ―ションを取らなくても必要以上の会話はいらないんじゃないかって部分ですね。これに関しては何にも分からなくても大丈夫です。希望のスタイルがあれば雑誌やケータイの画像なんかを見せてもらえれば対応も出来ますし、そのスタイルができない場合でも美容師さんから分かりやすく提案してくれると思います。

私たち美容師も緊張しているな~~とか話してほしくないお客様の空気みたいなものは分かりますから必要最低限の事は聞きません。人によってはそういう空気を読めなくてばんばん話し込む方もいますが。ですがこれは理解してください。カウンセリングはお客様の要望を確実なものにするためにとても大事だと私は思っています。

カウンセリングは重要

なので時間をかけて理解する必要があると考えています。今日はどんな風に?の問いかけに短くしてくださいだけでだは情報が少なすぎます。おまかせでのカットでもこういうカットをしますと提案も致しますがやっぱりお客様のご要望になるだけ力を注いで施術を行いたいものです。

また、そのご希望と現状の髪の毛では出来なない場合もあります。その際はなぜできないのかや、お客様のイメージと食い違いが生じないように理由を説明してくれると思います。ただ単にできないと言っている美容師さんはいないので安心してください。
323f4cbf4889c9507653185b4302ddf5
新しいスタイルにも挑戦したいとも書いてあったようにその人一人一人のこだわりやこうなりたいという未来図が違うように私たち美容師はその未来図にたどり着けるためのプロセスをしっかりと説明して安心して施術を受けてもらう事を心がけるべきだと私は考えています。その中にはもっとこうしたらお客様にとっていいことも踏まえながらですよ。

他のサロン様は分からないですが、たまにカウンセリングが雑とか簡単にすませるといったことがあるというのを目にします。今美容業界でもそうですがカウンセリングが重要視されています。お客様の信頼や支持を得られるのはしっかりとしたカウンセリングでお客様と一緒にスタイルを作っていく事なのかなと思います。

スタイルが決まっていなくても雑誌やスタイルブックはお店にもあります。美容師さんと一緒に決めるのもいろんな提案をしてくれるかもしれませんよ。そういった提案を楽しみにして来店される方も少なくはありませんですし。また美容室にいくという行為を癒しを求めてこられる方もいます。美容師もお客様を癒してあげられるよう精一杯もてなしてくれると思います。大船に乗ったつもりで気を重くなさらずに楽しんでいただけたらなと思います。

カット技法を美容師パパが教えます【ヘアー用語第1弾】


このサイトでは、知って得する美容用語も紹介してあります。そこをご覧になればある程度の知識は得られると思うので参考にしてみてください。ただ変に用語を乱用してこられたらこの人は美容師なのかな??って思われるかも。(笑)
いい意味で美容師さんにプレッシャーがかかっていいかもしれません(笑)

私もたまには違う美容室に足を運び施術をしてもらいます。刺激や発見をもらいにです。その時は美容師であることは伏せていっています。美容用語もなるべく使わないように(笑)。それが楽しくてコロコロとサロンをかえていっています。まだ美容師だという事はばれたことがないです。美容師っぽく見えないのかな??まぁそんな私の近況でした。

まとめ

どうでしたか??相談者様にお役に立てたアドバイスができたでしょうか??美容室によっては予約体制が違うサロンもあるという事、予約なしでも大丈夫ってこと、美容に関しての専門用語、カウンセリングの重要性、オーダーの仕方などをご説明させていただきました。

要望があるならきちんと伝えた方があなたの為でもありますし理想の髪型に近づく近道かもしれません。人見知りでも感じがいい美容師さん、自分にあった美容師さんに出会えれば人見知りもなくなり気軽にご利用できるのかなと思います。美容室をもっと楽しんでみてくださいね。それでは私はこれで。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。