【癖毛】クセ毛と共に生きてきた私

あるある体験談記事(レディース・メンズ) カラー・パーマお悩み・疑問・裏技レディース・メンズ)

スポンサーリンク



596x245x9723639cb9fbe97d6245d396ba55f0d78-596x245-jpg-pagespeed-ic-qaq1aneuc

海外での暮らし

私はくせ毛で、特に湿気があるときには癖が目立って、もわっと広がって手に負えない髪の毛に困っていました。私は長くニューヨークに住んでいましたので、ニューヨークは割と夏でも乾燥している日が多いので、それほどクセは出なかったのですが、それでも雨の日などには癖が出て困っていました。

日本に一時帰国したときに、美容院でストレートパーマをかけていました。1年に最低1回は帰国していたので、そのときに帰国して真っ先に行くのが美容室でした。1年に1回でもストレートパーマをかけていると、1年はもつので、ニューヨークでもまっすぐの綺麗な髪の毛で入られたのです。黒髪は海外ではとても美しいと思われるようで、ストレートにしていると特に人気がありました。

日本に帰国してからは、梅雨前になると縮毛矯正ストレートパーマをかけるようにしています。そうしないと、髪の毛にうねりが出て、髪の毛がまとまらないのです。でも、白髪が増えて、白髪染めをするようになってから、縮毛矯正ストレートパーマをかけたら、かかりすぎて、髪の毛がチリチリになってしまったのです。

失敗してから

それ以来、3年間、縮毛矯正ストレートパーマはかけずにいました。髪の毛にはうねりが出て、どんなにドライヤーでブロードライしてもまっすぐになるのはその瞬間だけで、時間が経つとうねりが出てしまって、ヘアースタイルが決まらないのです。

自分で髪を染めていたので、髪の毛がかなり傷んでいたらしく、そのように傷んだ髪の毛の状態で縮毛矯正ストレートパーマをかけるとチリチリになってしまうということです。今は、1年に1回、縮毛矯正ストレートパーマをかけるだけで割と落ち着いています。特に冬になると空気が乾燥するので、それほどクセが出なくていいのです。

でも、夏の湿度が高い日などにはクセが出てしまうので、毎年1回の縮毛矯正ストレートパーマは欠かせません。だいたい6月ごろに縮毛矯正ストレートパーマをかけるようにしていて、それで梅雨のジメジメした湿気の多い季節を乗り越えています。それに、白髪染めをするようになってから、染めていなかった頃に比べるとクセが弱まっているような気がします。髪の毛を染めると髪の毛がまっすぐになるようです。

髪の毛がまっすぐだとすごく気分がいいです。大きめのロールブラシでドライヤーをかけながら引っ張るようにして乾かすと、ストレートになります。それからアイロンを使うこともあります。

スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。