【40代の私】白髪との兼ね合いも含めストレートを辞めました

あるある体験談記事(レディース・メンズ) カラー・パーマお悩み・疑問・裏技レディース・メンズ)

スポンサーリンク



6002

40代になっても悩みの種

47歳、パートで事務員として働いています。父親の癖毛を遺伝し、小さい頃から自分のくせ毛に悩んでいます。周りから見ると、パーマをかけなくてもクルっとしていてうらやましいと言われていましたが、自分のくせ毛が本当に嫌で仕方がありませんでした。

やっぱり、癖毛のウェーブとパーマは全く違います。その為、高校生になるとすぐにストレートパーマをかけ、何十年もの間縮毛矯正をしていました。縮毛矯正は普通のパーマに比べ価格も高いですし、髪の毛も半端なく痛みます。

失敗も、、、

縮毛矯正がお値打ちにできる美容院を探しやってもらうこともありましたが、薬がひどすぎて一本一本がジリジリになってしまい、美容院に平謝りされ長かった髪の毛をショートにしたこともありました。

その時は、ショートへのカット代と2度にわたるトリートメント、家でのヘアケアに使えるシャンプーとトリートメントをもらいましたが、突然長かった髪の毛を何十年もしていないショートにしなければいけなかったショックは相当なものでした。

白髪染めもしてるし

年齢が40歳を過ぎると、白髪も出てきて白髪染めというヘアケアも増えてきます。縮毛矯正ですごいダメージを与えている髪の毛に白髪染めをすることにより、髪の毛の先を中心に本当に痛むようになりました。また、加齢により髪の毛も細くなっていきました。その為どちらかをやめようと思うと、白髪のままでいる勇気はまだないので縮毛矯正をやめました。

縮毛矯正をしていた時も使っていましたが、朝の髪の毛のセットはストレートアイロンでしています。現在は高温で短時間で簡単にストレートになるアメリカ製のストレートアイロンを使用しています。ハワイに行った際に、雑貨屋さんで花柄でガーリーな感じでとても可愛いのが気に入り、同じくくせ毛でストレートアイロンを使っている娘が旅行に持って行っても良いように2台購入しました。

今まで、日本製のストレートアイロンを何台も使用しましたが、アメリカ製の今使用しているのはそれらと比べると、やっぱりアメリカ製は高温に設定できることが良く、短時間できれいなストレートヘアになりツヤツヤな髪の毛に仕上がります。

縮毛矯正をしていた時と比べ、朝の寝癖の爆発はすごいものがあります。でも、最近は寝癖にとても良いヘアケア商品も出ていてそれをスプレーしブラシで寝癖を整えストレートアイロンすれば、5分もあればきれいなストレートヘアになります。髪の毛が痛むこともなく、癖毛ヘアではあまり出ないツヤも出ます。高温で短時間ストレートアイロンはお勧めです。
スポンサーリンク



関連記事

この記事へのコメントはありません。